1. Topページ
  2. こだわりのお茶
  3. 生産地と作り手
こだわりのお茶
「土」と「気候」
生産地と作り手
熟成

生産地と作り手 -Producing District-

作り手の想いも香る
信頼の美味しさを・・・・・・

優良茶を生み出す環境へのこだわりもさることながら、美味しいお茶をお届けする最も大切な要素は『良質の安心感も一緒にご提供すること』と、【かねはち】は常に考えています。そこで、私たちは以前より「作り手(生産者)の顔が見えるお茶こそより信頼度が高い」という信念に基づき、ここでご紹介のような優良茶産地の特定生産農家と、右記画像にある「取引契約書」を取り交わすと共に、独自の生産管理体制も整え、文字通り作り手の顔が見える『安心・安全』な荒茶のみを製茶し、皆様にお届けしております。

  • 明治初年に徳川の幕臣や川越人足によって開拓された、わが国最大の茶園「牧之原」。霊峰富士や駿河湾を一望できる、茶栽培に最も適した高台一面に連綿と連なる牧之原茶園のお茶は、ひときわまろやかで深みがあり、濃く出しても苦味がない味が特徴です。
  • 静岡市を流れる安倍川上流の山沿いに形成する本山(ほんやま)の名で知られる優良茶産地。品のある爽やかな風味が特徴です。
    [画像]南アルプスを望む山間地に連綿と広がる本山地区の茶畑。
  • 興津側流域の静岡市清水区の山間部を中心とした茶産地。美しい形状(外観)の優れた製茶技術には、特に定評があります。
    [画像]霊峰富士を望む風光明美な庵原地区の茶畑。

  • ●「坂三坂部茶農業協同組合」
    ●「デイリー製茶」
  • ●本山地区・大川の皆さん
    ●本山地区・清沢の大棟さんご一家
    ●本山地区・清沢の中村さんご一家
    ●本山地区・玉川の内野さん
  • ●清水区庵原地区の皆さん

  • [鹿児島・知覧茶産地] 鹿児島県は、その面積&生産量共に静岡県に次いで全国第二位の茶産地。中でも、ここ知覧町の茶づくりは明治初期に北部山間地の手蓑地区で始まり、全国茶品評会でも毎年上位入賞を果たしている、優良茶産地として知られています。
  • [宮崎・高岡茶産地] 南に鰐塚山、西に霧島連山、北に九州山脈、東に太平洋を眺める、宮崎市の西・標高180mの台地に位置する茶処高岡町の市瀬さんの茶畑。南側に大淀川の本流、北側には大淀川の支流・浦之川が流れるこの地から、良質の”さきみどり”が生まれています。