• 久能山東照宮献上茶
    静岡本山茶「神茶」

神茶について

家康公が愛した静岡本山茶

静岡市は、1603年に江戸幕府を開いた徳川家康公が晩年を過ごした地として知られています。1607年、駿河国駿府城へ入城して隠居の身となり、以後、茶の湯を楽しみました。家康公は、「御用茶」として献上された本山茶を壺に詰めて、標高1200mに設けたお茶蔵で保管を命じました。

秋になると、そのお茶を駿府城に運ばせて、味わい深い風味を楽しんだと言われています。1616年4月17日に薨去されてから四百余年。家康公が愛した「本山茶」をご賞味ください。

静岡本山茶の歴史

静岡市に広く流れる安倍川と、その支流である藁科川(わらしながわ)の周辺で生産されるお茶のことを、本山茶(ほんやまちゃ)と呼びます。本山茶の歴史は古く、鎌倉時代に高僧 聖一国師(しょういちこくし)が中国より本土に持ち帰った茶の種を、この地に蒔いたことが始まりと言われており、「静岡茶」で最も古い歴史を持つお茶でもあります。

商品詳細

久能山東照宮 献上茶「神茶」は3種類の商品をご用意しています。

久能山東照宮 献上茶
「神茶」

家康公が愛した静岡本山茶。独特の香味をぜひお楽しみください。

久能山東照宮 献上茶
「神茶」ティーバッグ

家康公が愛した静岡本山茶。神茶をお手軽なティーバッグでお楽しみいただけます。

神茶350ml
PETボトル

家康公が愛した静岡本山茶。神茶が、飲みやすいペットボトルになりました。

神茶ペットボトル
2本入り

家康公が愛した静岡本山茶。飲みやすいペットボトルの2本入セットです。

ご購入はこちら

美味しいお茶は土づくりから…
明治27年創業
株式会社かねはち茶園

住所:静岡市葵区北番町130
TEL:054-271-2827(代)
FAX:054-271-8214
E-MAIL:ocha@kane8.jp

ご希望のお客様には通販用カタログをお送りしていますので、お気軽にご来店・ご連絡くださいませ。